SSアグリ研究所とは

今回は千葉に拠点を置く私たちのグループ会社、「SSアグリ研究所」についてです。
SSアグリ研究所は農地を農地として活かし若者の新規就農の機会を作り農業業界が抱える問題の解決に取り組んでいる農業生産法人です。

主な事業内容

太陽光発電事業のトータルサポート
太陽光パネルの設置から施工、運用まで自社で行っています。
太陽光パネルに関する多様なニーズに対応することが可能です。

農業経営の営農販売サポート
雇用している農業就農者の技術習得や土地・販路・機材の確保など、農業で行う上で必要なことをサポート。

営農型太陽光発電のシステムコンサル
営農型太陽光発電システムのパイオニアとして導入・設置・活用など、システムに関するサポート・コンサルティングを主に行っています。

ー耕作放棄地を減らすためにー

近年就農者の減少が注目され関心が高まりつつあるとは言えど、まだまだ農業の若者離れは止まらず、農家の高齢化を止められる状況にはありません。
すると必然的に増え続けるのが耕作放棄地です。
耕作放棄地を農地として再生するには時間や労力、資金などの面で多くのコストが掛かるためこうっ作放棄地を増やさないことが急務となっています。

解決策としてソーラーシェアリングの普及に取り組んでいます。

耕作地に太陽光パネルを通常よりも高い位置に設置をして、これまで通り営農を続けながら太陽光発電を行うことです。
ソーラーとは太陽光、シェアリングとは分けるという意味で太陽光を発電と農業とで分け合うことからソーラーシェアリングと呼ばれています。別名「営農型太陽光発電」とも言います。

作付けへの影響は?
営農型太陽光発電システムを設置・導入することで作付けに影響するのではないかという懸念が有ります。
過度の日照が必要ない作物であれば懸念される影響は殆どありません。
私たちの土地では現在、小松菜とそら豆、他20種類の品目の作付けをしております。
研究、検証段階の品目もありますが、現在も安定的に農産物を収穫することができており、販売する品目としても通常と変わらない品質を維持できています。

私たちの想い
今の日本の農業が直面している様々な問題や課題を解決するための手段が”営農型太陽光システム”です。野菜を栽培するために必要な太陽光を確保しながら残りの太陽光を売電に利用するという仕組みになります。
農業による収益に太陽光発電の売電による収益がプラスされ、長期に渡って安定した収益を得ることができます。営農型太陽光発電システムによって、これからのミライの農業を支え、日本で増えている耕作放棄地を「0」にすることが私たちのビジョンであり、使命であると思っています。 代表 倉原 寛

弊社にお問合せはこちら

お問合せフォーム