グリーンエネルギー事業

耕作放棄地などを利活用した ソーラーシェアリング(営農型)発電所を企画設計し農業支援までワンストップで行う事業を展開しています。
また、新たに太陽光発電所のパネル単位、1ワット単位で分譲販売することにより、手軽に太陽光発電のオーナーになれるサービスをスタートさせました。これによりウェブサイトやスマートフォンアプリ(現在開発中)上で、欲しい分の太陽光パネルを購入することができ、自らが保有している太陽光パネルのキロワット数や発電状況や電気を買い取ってもらった売上金をチェックすることが可能となります。まるであなたのポケットにあるスマートフォンの中に太陽光発電所があるような気分にさせてくれるサービスです。私達は今後もICTを活用したグリーンなエネルギーを普及させる事業に取り組んでいきます。

私たちのソーラーシステムはここが違います。

今の日本の農業が直面している様々な問題や課題を解決するためのひとつの手段が“ソーラーシェアリング”です。ソーラーシェアリングのソーラーとは太陽光、シェアリングとは共有するという意味で、野菜を栽培するために必要な太陽光を確保しながら、残りの太陽光を発電に利用するという、営農型の太陽光発電施設です。ソーラーシェアリングを導入することで、農業による収益に、太陽光発電の売電による収益がプラスされ、長期にわたって安定した収益を得ることができます。私たちはこれをグループ会社である農業生産法人SSアグリ研究所と共に耕作放棄地を利活用し、展開しています。

SSアグリ研究所のHPはこちら    

パネル1枚・1ワットから始める太陽光発電

マンションに住んでいて太陽光パネルを取り付ける屋根がない。太陽光パネルを敷き詰める大きな土地を持っていない。大きなお金は持っていないが、グリーンエネルギーの普及には興味があり、未来の子ども達の為にグリーンエネルギー環境を残したい。そんなとき「CHANGE(チェンジ)」というサービスを利用することで、いつでも、欲しい分だけ、どこにいても太陽光発電のオーナーになることができます。このサービスは日本国内の遊休地や耕作放棄された農地などに大型の太陽光発電所を建設し、それを分譲という形で最小1ワット(約350円)から購入できる新しいサービスです。発電開始後の運転管理も行なっており。発電した電気を電力会社に買い取ってもらうことで、購入額に対し年間およそ6.0~10.0%の売上金を受け取り、同時に日本や世界の未来のエネルギー環境に貢献することができるのです。

CHANGEのHPはこちら    

弊社にお問合せはこちら

お問合せフォーム
Copyright 2017 株式会社チェンジ・ザ・ワールド