Startup Weekend Tokyoに参加しました!


3月8日から渋谷で開催された「Startup Weekend Tokyo」に弊社の社員4名で参加して来ました。

〜Startup Weekendとは?〜
金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催される、「スタートアップ体験イベント」。週末だけで参加者は、アイディアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。
▼特定非営利活動法人 Startup Weekend
https://nposw.org/

テーマが「環境・エネルギー」ということで、日々その分野で戦っている自分たちの経験を存分に発揮して優勝をもぎ取るべく乗り込みました。

結果としては高校生率いるチームが優勝。まさかの惨敗です。

残念ながら優勝を手に入れることができず東京を後にした私達ですが、イベントを通して実感したことを少し書きたいと思います。

環境・エネルギー分野のビジネスが注目されている

「環境・エネルギー」というテーマで日本で開催されるのは今回が初めてとのこと。東京電力ベンチャーズの協賛のもと同社代表などがコーチとして参加されていたり、最後の各チームのピッチの際はベンチャーキャピタルの方が何人か見に来ていたりと注目度の高さを感じました。またアンテナが高く熱意のある学生の参加者が多く、これから多くの起業家が出てくる分野であると思います。

起業は学べる

Startup Weekendでは起業を学ぶことができます。そして学べました。実際に最小限のビジネスプランを作る中で多くの失敗をするのですが、そこにはテクニカルな問題があったりします。StartupWeekendではそうした問題を解決するにはどうしたら良いかということをコーチやファシリテーターの方から教えてもらうことができます。しかし、行動を起こして失敗しないと何も教えてもらえません。最初に教わるのと自分で失敗してから学ぶことは違うことがわかります。

イベントの終わりに主催者の方々や見学に来ていたベンチャーキャピタルの方と一緒にお話していたのですが、雑談の中で次のイベントの開催や会場、スポンサーなどが目の前でどんどん決まっていきました。同じ目的を持った人が集まることで次のアクションに繋がるのがこういったイベントのパワーなんだと感じた次第です。

弊社にお問合せはこちら

お問合せフォーム