日本初(※1)のダンボール製「ソーラーフードドライヤー」が完成!

日本初(※1)のダンボール製「ソーラーフードドライヤー」が完成!

日本初ダンボール製「ソーラーフードドライヤー」を制作!

株式会社チェンジ・ザ・ワールドでは、弊社と同じく山形県内に工場を構える株式会社出羽紙器製作所と共同開発し、完全オリジナル製品「ソーラーフードドライヤー」を制作いたしました!
ダンボール製「ソーラーフードドライヤー」は日本初の製品となります。

■「ソーラーフードドライヤー」とは?

「ソーラーフードドライヤー」とは、太陽の力で食品を乾燥させ、簡単にドライフードを作ることができる製品です。

具体的には、太陽の力により内蔵のソーラーファンが回転することで、太陽の熱で蒸発した湿気を含んだ空気を外へ逃し、食品を乾燥させます。乾燥することによって、野菜本来の旨みや栄養が凝縮されるため、お野菜が苦手なお子様のおやつや、余った食材の活用にも最適です。
「ソーラーフードドライヤー」の素材は、環境に配慮したFSC認証(※2)ダンボールを採用しております。

■”太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン”開催中!

弊社が運営する『スマホで買える太陽光発電所「CHANGE(チェンジ)」』は、太陽光発電投資を通してエネルギー問題と農業の再生を同時に解決するサービスです。
いつでも、どこでも、誰でも、スマホひとつで1ワット=約250円から太陽光発電所のオーナーになることができ、投資をしながら再生可能エネルギーの普及に貢献できます。また、弊社の太陽光発電所は、農地の上に太陽光パネルを設置し農業と並行して太陽光発電を行う“ソーラーシェアリング”方式をいち早く採用。「CHANGE(チェンジ)」の利用が、同時に農地の活用や就農者の所得向上などにもつながります。

この度、より多くの皆さまに「CHANGE(チェンジ)」の取り組みや”ソーラーシェアリング”方式の太陽光発電について身近に感じていただくため、ご家庭で簡単にドライフードが作れる「ソーラーフードドライヤー」と、弊社の太陽光パネルの下で育ったサツマイモのセットが抽選で当たる“太陽のおいしい恵みいただきます!キャンペーン”を実施いたします。
▶キャンペーン詳細はこちら

この機会に是非、ご家族やご友人と“太陽の力”を味わってみてはいかがでしょうか。皆様のご応募をお待ちしております。

(※1)当社調べ。
(※2)SFC(Forest Stewardship Council(R)、森林管理協議会)とは、森林の管理や伐採が、環境や地 域社会に配慮して行われているかを評価する、国際機関のこと。世界の森林保護の観点のもと、森林の伐採から全て の加工製造・流通経路において、材料が適切に管理されていることを承認された製品にのみ、FSC®トレードマークを適 用することができます。SFC 認証製品を使うことで、世界の森林保全を応援できます。