”CHANGE for Biz”の初実績となる「メンバーズソーラー発電所」の引き渡しイベントを開催しました

”CHANGE for Biz”の初実績となる「メンバーズソーラー発電所」の引き渡しイベントを開催しました

株式会社チェンジ・ザ・ワールド(本社:山形県酒田市 代表取締役:池田友喜)は、企業の再生可能エネルギー100%転換を支援するCHANGE for Biz 事業(※1)の初実績として、千葉県長生郡睦沢町に非FIT太陽光発電所(※2)「メンバーズソーラー発電所 1-3号」を建設し、2021年6月22日に発電所の引き渡しイベントを開催しました。
(今回のイベントは十分な感染対策を施した上でイベントを開催しており、写真撮影時のみマスクを外しております。)

本発電所は、株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:剣持 忠)が、持続可能な脱炭素社会の実現のため、
事業活動において使用する電力を、自社で発電した再生可能エネルギーでまかなうことを目指して建設されたものです。

また、農地での再生可能エネルギーの生産と農業を両立させる取り組みとして期待される、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)(※3)を採用しており、弊社と共同で事業を行う地元農業生産法人が農業を行います。

弊社が手がけているソーラーシェアリングの一例

株式会社メンバーズが持続可能な脱炭素社会の実現のために、100%出資子会社として設立した発電事業を行う子会社、
株式会社メンバーズエナジー(代表取締役社長:髙野 明彦、以下「メンバーズエナジー」)の、代表取締役社長 髙野 明彦氏に、
「メンバーズソーラー発電所」についてコメントをいただきました。

株式会社メンバーズエナジー 代表取締役社長 髙野 明彦氏
  • 「メンバーズソーラー発電所」建設に至るまでの経緯を教えて下さい。

会社として気候変動に対して大きく貢献してゆくことを定め、主にクライアントに対して、マーケティングの在り方を気候変動に貢献できるものに変えてゆく提案をすることを、ビジネスとして取り組んでゆきたいと考えていました。その中で、自社としても気候変動に対して出来ることを、最大限に取り組みたいと考えました。環境価値を購入するだけでは貢献をしている実感がないので、自社で使用しているエネルギーを全て持続可能なものに変えてゆくことを目指し、「メンバーズソーラー発電所」の建設に至りました。

  • ソーラーシェアリングを選択した理由を教えて下さい。

太陽光発電所の用地が少ないので、ソーラーシェアリングしか選択肢がないという、ネガティブなイメージを持っていましたが、代表の池田さんより、全ての耕作放棄地に太陽光発電所を取り付けると、日本の電力のほぼ全てを賄えるという話を聞いて価値が高いと感じ、ポジティブな選択肢に変わりました。ソーラーシェアリングをしている太陽光発電所は、自然があり、開放的で気持ちが良いので、苗を植える時期には、社員も参加できるイベントを開催できたらと考えています。

  • 事業活動における全ての使用電力を自社発電所の再生可能エネルギーで賄うことを目指しておられますが、今後の取り組みについて教えて下さい。

現在はまだ、事業活動における使用電力の半分程しか、自社発電所で賄えていなので、太陽光発電所の建設を追加で進めたいと考えております。また、社員の自宅の電力も賄えるようにできたらと考えております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弊社は今後も、CHANGE for Biz 事業を通して非FIT太陽光発電所(※2)の建設を進め、RE100(※4)に取り組む企業の再生可能エネルギー100%転換を支援してまいります。

▼お問い合わせはこちら
https://ctws.jp/contact-form-agree

▼CHANGE for Bizに関する詳細はこちら
https://ctws.jp/business/greenenergy

(※1)CHANGE for Biz 事業

RE100(※4)への加盟や、再生可能エネルギーの導入を検討している法人様向けに、太陽光発電所の設計・調達・建設から保守・運用までをワンストップで提供しております。また、ソーラーシェアリングのサポートも承っており、ソーラーシェアリングを通して、耕作放棄地活用の拡大や太陽光発電用地の不足といった社会的課題にも取り組んでおります。

(※2)非FIT太陽光発電所

2012年7月に施行された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、国が定める価格で電力会社が一定期間買い取ることを義務付ける制度。電力会社が買い取りに要した費用の一部は、電気使用者の料金に上乗せされて国民の実質負担になる全員参加型の制度となっています。FIT制度が適用された電力は上記制度の通り販売することとなりますが、FIT制度が適用されない「非FIT太陽光発電所」の電力は上記制度とは異なり国民の負担にならず、かつ、環境価値を含めて小売電気事業者へ販売することができます。

(※3) ソーラーシェアリング

農地に太陽光パネルを通常よりも高い位置に設置をして、営農を続けながら太陽光発電を行うことをソーラーシェアリングと言います。太陽光発電と農業とで分け合うことからソーラーシェアリングと呼ばれています。別名「営農型太陽光発電」とも言います。

(※4)RE100

RE100(Renewable Energy 100%)は、事業活動に使用するすべてのエネルギーを再生可能エネルギーにより調達し、温室効果ガスの削減を目指す国際的な取り組みです。尚、再生可能エネルギーの調達率100%という基準は、サプライチェーン(原材料の調達から販売までの全工程)も含めた目標であるため、RE100は加盟企業にとどまらず、多くの企業に影響を及ぼします。