「Sony Bank GATE」にて出資募集を開始

「Sony Bank GATE」にて出資募集を開始

株式会社チェンジ・ザ・ワールド(本社:山形県酒田市新橋、代表取締役:池田友喜)は、ソニー銀行株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:南啓二)が提供する投資型クラウドファンディングのプラットフォーム「Sony Bank GATE」において、2021年11月1日(月)より、出資の募集を開始しますのでお知らせいたします。
「Sony Bank GATE」では、当事業を含む事業運営への出資を1口50,000円、目標募集金額30,000,000円で募集します。

投資型クラウドファンディング募集概要

●ファンド名:たくさんのひとりが、世界を変える スマホで買える太陽光発電所 CHANGE(チェンジ)応援ファンド
●申込受付期間:2021年11月1日~2021年11月23日
●資金使途:事業運営資金
●目標募集金額:30,000,000円
●一口あたりの申込金額:50,000円
●会計期間:2021年12月1日~2023年5月31日
●事業計画達成時のリターン(目標リターン):1.07倍(税引き後1.05倍)年利5.013%(税引き後年利3.990%)

▼ファンド募集ページはこちら
https://moneykit.net/visitor/sbg/pj/20210009.html

▼「Sony Bank GATE」に関する詳細はこちら
https://moneykit.net/visitor/sbg/sbg01.html

スマホで買える太陽光発電所 CHANGE(チェンジ)とは

CHANGE(チェンジ)では、太陽光発電所を1ワット単位で販売し、少額から予算に合わせて誰でも太陽光発電投資を始めることができます。太陽光発電所を設置する広い土地も必要ないので、どこに住んでいてもスマホ1つで、すぐに太陽光発電所のオーナーになることができます。発電開始後は、弊社が運転管理をし、オーナーの皆様には負担やストレスが一切ない太陽光発電投資ができます。オーナーの皆様は、購入金額に対して年間およそ7%~10%の売上金を受け取りながら、同時に日本や世界のエネルギー環境に貢献することができます。

2020年、環境省主催の「グッドライフアワード 実行委員会特別賞 サステナブルデザイン賞」を受賞、さらに経済産業省「J-startup TOHOKU」に選定いただきました。会員登録者数は15,000人を突破しております。

出資特典

1口につき、1グリーンワットプレゼント

グリーンワットとは
誰でも1口(1グリーンワット)500円から非FIT型の太陽光発電所が購入でき、売電収入でなく、購入した発電所の発電量・CO2削減量に応じた「環境価値」が購入者に還元されます。『グリーンワット』を購入することで、生活の中で排出されるCO2を自分でオフセットすることができます。FIT制度の売電価格が下落すると、発電所の普及スピードも下落してしまう現状を打破し、売電価格に左右されない仕組みをつくるため、『グリーンワット』が生まれました。

私たちは『グリーンワット』で、「経済合理性」ではなく、「環境価値合理性」が優先される社会をつくっています。

  • グリーンワットの5つのポイント
  • 1. いつでも購入時と同額で売却可能であるため自分のペースで、再生可能エネルギーの普及とCO2削減に取り組むことができます。
  • 2. 発電量に応じ『環境価値(CO2削減への貢献量)』が出資者に還元されます。(売電収入は発生しません)
  • 3. スマホで最小500円から太陽光発電所を購入でき、いつでも購入額と同額で売却が可能です。
  • 4. 保有している太陽光発電所の発電状況とCO2削減量をいつでもオンラインで確認できます。
  • 5. 発電所の管理は弊社で行い、発電所に事故があっても購入者に金銭的な損失は発生しません。

弊社の太陽光発電所の特徴

弊社が建設する太陽光発電所の8割は、ソーラーシェアリング方式を採用しています。ソーラーシェアリングとは、農地の上に太陽光パネルを設置して、農業と太陽光発電事業を同時に行う仕組みのことで、別名、営農型太陽光発電とも言われます。

山を切り開いたりなど、自然を破壊して太陽光発電所を設置するのではなく、増加が問題視されている耕作放棄地(※1)を農地に再生し、農業と太陽光発電事業を両立することで、耕作放棄地の増加、太陽光発電用地の不足といった社会的課題の解決に取り組んでいます。

(※1) 耕作放棄地とは
「以前耕作された土地で、過去1年以上作物を栽培せず、しかもこの数年の間に再び耕作する意思のない土地」のことを指します。この土地は年々増え続け、平成27年の農林水産省の調査では42.3万haを記録。

↑耕作放棄地の一例

弊社は今後も、耕作放棄地ゼロを目指し、ソーラーシェアリングを推進して参ります。

株式会社チェンジ・ザ・ワールドとは

「社会的で革新的な事業に挑戦しより良いカタチに世界を変える」というミッションを持つ、山形県酒田市に本社を置く企業です。2014年設立当初より、再生可能エネルギーの普及と耕作放棄地を減らす営農型太陽光発電所(ソーラーシェアリング)の建設に特化した形で事業を行ってまいりました。2017年には建設した太陽光発電所を少額から誰でも購入できるようにしたスマホで変える太陽光発電所「CHANGE(チェンジ)」をリリースし、現在まで約15,000人を越えるユーザーに支えられるサービスとなるまで成長しました。また企業の脱炭素化を支援する「CHANGE for Biz」にも取り組んでおります。今後は再生可能エネルギーのみならず、脱炭素という環境アクションの全てを実現していく為、個人の力を集める「環境アクションプラットフォーム」に成長させ、世界を変えてまいります

ーーーーーーーーーーーーーー
■会社概要
会社名:株式会社チェンジ・ザ・ワールド
所在地:〒998-0864 山形県酒田市新橋2丁目26-20
資本金:1億3,000万円(資本準備金含む)
代表取締役:池田友喜
従業員数:44名(2021年10月現在)
事業内容:
・CHANGE(チェンジ)事業
・CHANGE for Biz(チェンジ フォー ビズ)事業
・ソーラーシェアリング事業
・SOLA VEGE(ソラベジ)事業
主な受賞歴:
*TOHOKU GROWTH Accelerator(東北グロースアクセラレーター)採択企業
*経済産業省 J-StartupTOHOKU 選定企業
*環境省 グッドライフアワード 実行委員会特別賞 サステナブルデザイン賞 受賞
URL:https://ctws.jp

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社チェンジ・ザ・ワールド 経営企画室/広報
TEL:080-4519-9662
Email:murakami-r@ctws.jp
担当:村上