あなたも知らないうちに大量のCO2を排出している!?9つの質問があなたのCO2を見える化!環境問題が自分ごとになる日本初のサービス登場

あなたも知らないうちに大量のCO2を排出している!?9つの質問があなたのCO2を見える化!環境問題が自分ごとになる日本初のサービス登場

スマホで買える太陽光発電所 「CHANGE(チェンジ)」を提供する株式会社チェンジ・ザ・ワールド(本社:山形県酒田市 代表取締役:池田友喜)は、たくさんの”ひとり”の想いを環境貢献につなぐ環境アクションプラットフォーム「change」を2022年2月22日(火) 10:00よりリースしましたことをお知らせいたします。

2017年7月21日にサービスを開始したスマホで買える太陽光発電所「CHANGE(チェンジ)」は、太陽光発電所を1ワット約300円から小口購入できるサービスです。私たちは、個人による再生可能エネルギー投資のハードルを極限まで下げ、誰でも再生可能エネルギーの普及に貢献できる「CHANGE(チェンジ)」で、たくさんの”ひとり”の力を集め、グリーンエネルギーの発展にみんなが参加できる社会を実現してまいりました。

そして2022年2月22日、「CHANGE(チェンジ)」を一つのコンテンツとした新サービス「change」が登場しました。

「change」はこちら!

◆「change」とは 

「change」は、たくさんの”ひとり”の想いを環境貢献につなぐ環境アクションプラットフォームです。誰でも簡単に、個人のカーボンフットプリント(CO2の推定排出量)を計測し、環境負荷を減らす行動である「環境アクション」を行うことができます。

「change」のWEBサイトで環境アクションをすることで、ユーザーは環境価値(CO2削減量)を得ることができ、環境価値は「リーフ」として可視化されます。将来的には、SNS機能を導入してユーザー間のコミュニケーションを可能にし、貯めたリーフは投資、寄付、買い物などに利用できる未来を目指しています。私たちは、「change」で環境アクションのプラットフォームを創造し、今まで以上に、たくさんの”ひとり”の力で世界を変えてまいります。

◆「change」の特徴

・パーソナライズ

「change」で9つの質問に答えると、個人のカーボンフットプリント(CO2の推定排出量)を計測し、アカウントをパーソナライズすることができます。個人の地球環境への負荷を可視化することで、ユーザーひとりひとりに合ったペースで環境アクションを始めることができます。

・環境アクション
「change」には、日常の選択肢を変えるだけで個人が簡単に取り組める環境アクションが集まっています。様々な分野の環境アクションに関する記事や動画を観て、クイズに答えるだけで、環境価値(CO2削減量)である「リーフ」が貯まります。

・環境価値「リーフ」

ユーザーの環境アクションによって獲得する環境価値(CO2削減量)は「リーフ」として可視化されます。1リーフは1gのCO2削減量として、弊社の管理のもと「J-クレジット」と紐づいています。

※「J-クレジット」とは
省エネルギー設備の導入や再生可能エネルギーの利用によるCO2の排出削減量や、適切な森林管理によるCO2の吸収量を国が認証したクレジットです。

・AI技術の導入
独自のAI技術を用いることで、太陽光発電所の小口販売をはじめとした様々な環境貢献につながるアクションをキュレーション、つまりユーザーひとりひとりに合わせた形にカスタマイズして提案します。ユーザーは、その中から興味のある分野を選択し、簡単に環境貢献につながるアクションをすることができます。

◆山形大学との共同研究

SDGsやカーボンニュートラルなどの環境に対する取り組みを「自分ごと化できる」ようにするための第一歩は「自分自身のCO2排出量を知る」ことだと考え、弊社は国立大学法人山形大学とカーボンフットプリント計算に関する共同研究を進めております。今回リリースする「change」にその研究成果の一部を反映させたことで、9つの質問に答えるだけで誰でも簡単に自分のCO2排出量を知ることができるようになりました。Webページから簡単に使えるこのカーボンフットプリントを「change」のユーザーだけでなく多くの生活者、教育現場などで使っていただくことで、より精度を高めていけるよう、今後も開発を進めてまいります。

国立大学法人 山形大学 工学部 Karolin Jiptner(カロリン・イプトナー)助教のコメント

Karolin Jiptner(カロリン・イプトナー)氏
国立大学法人 山形大学 工学部 助教
SDGsタスクフォース メンバー YUCaN 山形大学カーボンニュートラル研究センター  副代表   

日本では環境の問題は政府や企業が解決するものだという認識が強く、個人単位での環境問題への取り組みや意識の浸透はまだ十分とは言えません。世界全体では、個人が環境負荷を把握して行動につなげる取り組みや仕組みが広がっていますが、日本ではあまり知られていませんでした。

簡単にカーボンフットプリント(CO2排出量)が計測でき、自分がどのぐらい地球環境に影響しているかを可視化できることは、カーボンニュートラルな社会への一歩になるのではないでしょうか。「change」では個人レベルで環境負荷を減らすことにつながる行動=環境アクションも合わせて紹介しているので、自分でもできる選択肢が見つかります。一人ひとりの環境アクションの積み重ねによって、カーボンニュートラルな世界を実現できることを願っています。

◆株式会社チェンジ・ザ・ワールドとは

「社会的で革新的な事業に挑戦しより良いカタチに世界を変える」というミッションを持つ、山形県酒田市に本社を置く企業です。2014年設立当初より、再生可能エネルギーの普及と耕作放棄地を減らす営農型太陽光発電所(ソーラーシェアリング)の建設に特化した形で事業を行ってまいりました。企業や自治体の脱炭素を支援する「CHANGE for Biz」にも取り組んでおり、2017年には建設した太陽光発電所を少額から誰でも購入できるようにしたスマホで買える太陽光発電所「CHANGE(チェンジ)」をリリース。2022年1月には約17,000人を越えるユーザーに支えられるサービスとなるまで成長しました。2022年2月22日には「CHANGE(チェンジ)」を一つのコンテンツとした新サービス「change」をリリース。たくさんの”ひとり”の想いを環境貢献につなぐ環境アクションプラットフォームとして、個人のCO2を見える化し、環境問題が自分ごとになる仕組みを提供。

▼会社説明ムービーはこちら

ーーーーーーーーーーーーーー

■会社概要
会社名:株式会社チェンジ・ザ・ワールド
所在地:〒998-0864 山形県酒田市新橋2丁目26-20
資本金:1億6,000万円(資本準備金含む)
代表取締役:池田友喜
従業員数:44名(2021年10月時点)

事業内容:
・CHANGE(チェンジ)事業
・change事業
・CHANGE for Biz(チェンジ フォー ビズ)事業
・ソーラーシェアリング事業
・SOLA VEGE(ソラベジ)事業

主な受賞歴:
*TOHOKU GROWTH Accelerator(東北グロースアクセラレーター)採択企業
*経済産業省 J-StartupTOHOKU 選定企業
*環境省 グッドライフアワード 実行委員会特別賞 サステナブルデザイン賞 受賞
*X-Tech Innovation 2021(クロステック イノベーション 2021)東北地区最終選考会 優秀賞 受賞
*日本経済新聞社主催 第3回スタ★アトピッチJapan 決勝大会 野村ホールディングス賞 受賞

公式HP
公式YouTube
公式Facebook
公式Twitter
公式Instagram
オリジナルウエア
株式会社チェンジ・ザ・ワールドのプレスリリース一覧

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社チェンジ・ザ・ワールド 経営企画室/広報
TEL:080-4519-9662
Email:murakami-r@ctws.jp
担当:村上